2010/8/2 月曜日

パソコン買っちゃった

Filed under: 今日の一枚, — kurasan @ 20:53:45

 たった今、パソコンを注文してしまいました。もちろん、奥様は知るよしもなし。このブログ見てるのかな?最近は、孫の写真のある娘のブログはかかさずチェックしているが、亭主の写真談義に終始しているブログは、まず見ないだろうな。お盆休みにいたずらできればいいというわけ。SSDなるものをつけてみたけど、どんなものか。

 会社で女子事務員を中心にITパスポートをとらせたらという話が出て、講師役を買って出てしまった。参考書買ってきて、問題解いたらわからないのが多くて、なさけない。教えるほうは、参考書見ながら説明するわけだからそれほど危機感はないが。学校の先生も、苦手な部分も指導書である程度教えるわけだし。

チダケサシ

 花の写真がやはりスキ。チダケサシという不思議な名前。なんでも、「チダケ」というきのこを挿すのに使ったそうな。

コバギボウシ

 これは、図鑑を見ながらちょっと悩んだが、コバギボウシだと思う。そう思って撮ってきたが、ちょっと自信がない。オオバギボウシは、白い花でよく見かけるがコバギボウシは久しぶり。

2010/8/1 日曜日

トレーニング不足

Filed under: 今日の一枚, 撮影日記 — kurasan @ 18:55:07

 きのうの朝、そろそろヤナギランが咲く頃かなと戸隠に向かった。日の出前だったので、古池まで行くこととした。ライトをつけて登った。初めてかな。上り口には1台も車がなくて、熊がちょっと心配で鈴をならして歩いた。

 古池では雲が厚く空も焼けなかった。今頃では、黒姫山の方角から日が昇るようだ。それでも、日が昇るまで、モヤがかかって、いい感じ。

湿原の朝

 日が昇ってきたら、もう暑い。水をザックに入れてくるのを忘れたのに気がつき、くたびれる前に下りることとした。帰ってきたが、けっこう足がくたびれた。たいして、歩いてないのに、どうしてこんなに疲れるのか。やはり、トレーニング不足なんだろう。これからは、ザックを背負って歩くということをする必要がありそうだ。

朝露に濡れて

2010/7/30 金曜日

Windows7

Filed under: 今日の一枚 — kurasan @ 19:38:59

 Windows7マシンを買おうかなという気になってきた。1台こわれちゃって電源がすぐきれてしまうようになったのがひとつの動機だが、実は、最近になってWindowsXPまではカラーマネジメントという概念がなかったということがわかってきて、ディスプレイのキャリブレーション以前の問題だと思うようになってきたためだ。本来なら、Macに行くべきだが、あまり新しいことを勉強する気もなくて、Windows7で低く妥協しようかというところである。来年になると今パソコンで見ているテレビが見れなくなるので地デジチューナー搭載のものでも買おうかという気になっている。

 パソコンも最近は写真ライフのためになってきていて、adobiRGB対応のディスプレイが欲しいところだが、これが、パソコンと同じくらいするので、とりあえずパソコンを買ってから次を考えようというところ。

 マウスコンピュータでBTOかな。

 オオキンケイギク

 オオキンケイギクが最近は評判が悪い。しかし、きれいな花だし、かたまって咲いていると絵になるが、道路わきで見かけることが多い。

 これは、池の端に咲いていた。

クサレダマ

 名前の知らない花は、できるだけ写してくるようにしている。これは、クサレダマという花。水辺に咲いてけっこう大きい派手な花だ。「クサレ」とはあまりいい名前じゃないなと思っていたら、「レダマ」という木があり、その草バージョンという意味のようだ。

2010/7/28 水曜日

安原修次

Filed under: 今日の一枚 — kurasan @ 22:08:00

 安原修次という人の「花咲く長野」(ほおずき書籍)という本を借りてきた。中身は花の写真図鑑といったところだが、どんな状態で撮ったかを書き留めてあったりして、読み物にもなっている。著者は、45歳まで教員をしていて、それから花のカメラマンになって、現在まで花を撮り歩いているようで、1936年生まれだという。この本は、戸隠に家を借りて長野市の花の写真集をめざしたものだが、70歳のころ撮ったもののようだ。

 戸隠が主な活動地点だったようで、戸隠山に平気で登っている。疲れからか頭がフラフラすると言いながら、牧場から一不動まで登ったりしている。危険な場所ではザイルを使って花を撮っている。70歳かぁ。すごいな。と思う。

 わたしも見習って少し山登りをしようという気になってきた。

朝日にきらめく

 今日の一枚は、先日軍足池でスギナに一面に露がついて、朝日に輝いてきれいだったので写したものだが、ほとんどその美しさを表現できなかった。アップで露を撮ったもののほうがやはりいいが、この一面の美しさをどう表現したらいいのか。

 

2010/7/25 日曜日

早起き

Filed under: 北信濃散歩, 撮影日記 — kurasan @ 18:03:22

 写真は、朝夕の横からの光に限る。真上からのトップライトがすべて悪いわけではないが、カメラをぶらさげて歩いていても、あまり撮りたい場面にでくわすことが少ない。ということで、朝、写真を撮りに出かけるのだが、HITO-PHOTOサイトを見ていて、人気になる写真は、日が昇る前か日が沈んだあとの空を写した写真が多い。夜の星座を中心に撮っている人などもいて、上には上があるものだといつも感心する。

 そこで、陽が登る前に現地に到着しているという計画を立てた。今は、4時というと明るくなるので3時くらいに出かければということになる。早く寝ようと思っていたら、オールスター戦を見てしまい結局10時就寝。ホテルに勤めている娘が2時に帰ってきて、目がさめてしまった。幸いと着替えて出かけたが眠気が残っている。とりあえず芋井の長野市を見下ろす場所をめざす。陽が登る位置とは違うので軍足池まで移動。

朝の軍足池

 日が昇る前の光景を何枚か撮り、陽が登って来たので、あちこち移動しながら撮る。雲が多く、太陽も撮れた。

太陽

 日の出前は、確かにシャッターチャンスだと思う。もう少し遠くまでゆくとなるともっと早く起きなければならないのかな。それより、オートキャンプのほうがいいかも。

 

« 前のページ次のページ »

HTML convert time: 0.226 sec. Powered by WordPress ME