2009/6/23 火曜日

竜王

Filed under: 北信濃散歩, 撮影日記 — kurasan @ 21:31:16

 前回の続き。竜王という地名はどうして付いたか知らない。竜王山からだからだろうか。北志賀高原と呼ばれている地域で、志賀高原と木島平の間にある。長野県の多くの地域と同じようにスキー場で有名でオフシーズンになると淋しくなる。竜王山にロープウェイがかかっていて、インターネットで見ると7月上旬まで運行している。そして、夏休みの時期に再開されている。こんな梅雨の時期になぜなんだろうと思っていた。私が行った渓流の入り口にある大きな駐車場は私の他に1台も車がないのに、けっこう上に上ってゆく車がある。なんだろうと思ってロープウェイの乗り口に行ってみて、そうかとわかった。乗る人の格好を見たからである。ズタ袋を背負って、長靴をはいて、そう、ネマガリダケをとりに行く人たちでした。視界があまりよくなかったので、ロープウェイで上に上がることはしなかったけど、ネマガリダケは少し高くないとないからなのだろう。

 渓流散策コースというのがあり、川沿いにわずかだが歩けることになっていたので行った。このコースの案内看板はあちこちにあるのだが、コースに入ると標識は倒れたまんま、木は倒れたまんまとほとんど手が入っていない。ガイドブックだと体育館の方に上がる道があるはずが、ヤブになってしまってわからなかった。結局迷ってしまって、違う道を選んでしまい最後はヤブこぎをして、帰って来た。

 渓流があるだけの道で、物好きの人しか入らないのかな。もうすこし、花が咲いていてくれればと思ったけど、花の少ない時期だとおもった。

谷川の朝

 スキー場をオフシーズンに訪ねることも多いが淋しい。ゲレンデに立ち入るのを拒否しているところもある。もうすこしなんとかならないものかと思う。ここのゲレンデでアヤメとニガナが一面に咲いているところがあり、何枚か撮ったけど、広角で広さを表現しようとするとどちらの方向にしてもリフトが入ってしまい、自然という感じが出ないのでひきつけてしまったけど、やはりもっと広角側で撮る工夫をするべきだったと思う。

アヤメ 

 

次のページ »

HTML convert time: 0.108 sec. Powered by WordPress ME