2009/1/28 水曜日

大池冬景色

Filed under: 今日の一枚 — kurasan @ 21:03:29

 土曜日というと天気が悪い予報だ。日曜日はけっこう家庭サービスがあり、写真を撮りに行けない事がけっこうあるが、そんな日に限って晴れのすばらしい日になるからくやしい。

 冬の写真は、あまり危険を犯してまで撮りたくない。私の愛車は4駆とはいえ、雪深い山道に入って行く元気はない。飯綱の大池は、ホームグラウンドみたいところだが、冬ともなるとちょっと不安だ。人家があるからいけるのだが、リゾート側へ上がる道はかいてなくて引き返してきた。

 といって、雪がないとこれまた冬景色らしくなくて、つまらない。雪が降って、翌日きれいに晴れてくれると最高なのだが。

飯綱大池冬景色

2009/1/24 土曜日

凍てつく川

Filed under: 今日の一枚 — kurasan @ 19:15:14

 たまには旬の写真。きょう撮ってきた写真です。場所は、裾花大橋。小田切ダムで水がせき止められているので、川がずっと凍っていました。ダムの水門が青に塗られていて調和を乱してしまっているのが残念。

 タテ位置の写真は久しぶりだけど、横はどうも決まらなくてこの写真にしました。

凍てつく川

2009/1/21 水曜日

雪の中のりんご

Filed under: 今日の一枚 — kurasan @ 21:04:53

雪の中のりんご 先週、先々週と家庭サービスのために写真を撮りにいけなかった。というのも、娘がいよいよ社会人になるから、車が欲しいという。給料をもらえるようになれば十分払っていけるわけで、反対する理由もないので、あちこち車屋をまわるのをつき合わされた。

 前に撮った雪降りの中のりんごの写真。りんごが1つのと二つのとどちらがいいかくらべていて、はじめのうちは一つがいいと思っていたけど、二つもいいのかなと思うようになった。雪降りをどのくらいのシャッタースピードで止めたらいいのかとかわからないことばかり。

 

2009/1/11 日曜日

雪の林

Filed under: 今日の一枚 — kurasan @ 17:16:22

 「根開き」という言葉がある。春になって、雪が木の根元から溶け始めて、木の根元にポッカリと円い雪の穴があく現象をいうようだ。誰だったか写真家の名前が出てこないが新潟県の松之山というところの写真を集中的に撮った写真を見たことがある。その中にブナ林の根開きの写真があったから、たぶんそのあたりから被写体として認められたのではないかと憶測している。写真雑誌の投稿に時々見かける。木の持つ生命力を表現しているのだろうけど、木が自分の力で雪を溶かすのではなくて、木の黒さが太陽熱を集めることによるのだろう。春の雪はそれなりに汚れていて、あまり撮りたいとは思わないのだけど。

 先日、戸隠で、似たような光景に出会った。これも同じことだろうが、これから冬本番というわけで、「根開き」とは呼ばないのだと思う。木の影が面白かったので、写真を撮ってきた。この写真戸隠牧場の入り口で撮ったもので、インターネットで買ったカンジキをつけていったけど、どうもうまく固定できず途中でぬげてしまって困った。戸隠牧場周辺は、スノーシューを履いて歩き回る人がけっこういて、スノーシューが欲しくなって、インターネットで安いのを衝動買いしてしまった。

冬の林

2009/1/6 火曜日

雪の朝

Filed under: 今日の一枚 — kurasan @ 21:09:26

 雪が降るとあまり山奥に行くのはこわいし、戸隠あたりにいっても駐車場だったところが、雪の壁になっていたりして、思うように車を止められない。どこへ行こうか迷うのである。寒いから、家にいたほうがいいのかなとも思う。

 家からすぐの山としては、ループ橋を登って飯綱に向かうか、浅川を登るかそして、もうひとつは、坂中峠である。この日は、日が差していたので、坂中を登ってみた。峠までは、幹線でなくなったので、除雪が途中までしかされていなかったので、あきらめてUターンしてきたら、この光景に出会った。ネイチャーフォトをメインにしている私は、あまり、人家を入れて撮ることがないのだが、雪が世界を一変させてくれている感じがした。

雪の朝

次のページ »

HTML convert time: 0.207 sec. Powered by WordPress ME