2007/11/28 水曜日

エンタの神様2

Filed under: 今日の一枚 — kurasan @ 22:32:34

 さて、だいたひかるがなぜおもしろくないかを分析してみよう。私の娘もだいたは、くだらないと言っているので、世代の問題ではないようである。

 まず、第一に芸能人をけなすネタしかないことである。これは、長井秀和あたりから定着し、波田陽区やキックなどにみられるように簡単に笑いを取るためのひとつの手段なのだが、飽きられてしまっている。桜川やっくんなども、観客を使って、やはり芸能人をいじることで笑いをとろうとしているが、見ていて楽しいものではない。負け犬の遠吠えのように聞こえて、聞きづらいのである。基本的に風刺の精神が欠如している。そこに共感する余地がないのである。

 だいだの場合、その上、間がない。笑いというのは、間が重要なのだ。波田陽区やキックは、しぐさを入れることでそれなりに間ができるのだが、なげやりにしゃべることが自分のスタイルだと思い込んでいるだけで、聞かされるほうはたまったものではない。

 そして、自虐の部分がない。芸人は、自分の位置を落とすことによって、相手に優越感を与え、笑いをとるのだが、他の芸能人を見下ろしているのである。

 最後に、これが決定的だが、芸がない。「芸人」でないのである。

t_IMG_7823.jpg

2007/11/27 火曜日

エンタの神様

Filed under: 今日の一枚 — kurasan @ 22:16:43

 私は、落語が好きでもう30年以上前になるけど、東京にいたときは寄席によく行っていた。東京の寄席は、落語が中心だが、その間にはさまって色物と呼ばれる落語以外の芸人が登場してそれが味わいでもあった。

 最近は、お笑いブームだそうで、ピン芸と呼ばれる芸人が次から次へと登場し消えてゆく。その元締めみたいのが、「エンタの神様」という番組ではないかと思う。書くネタがないので、ピン芸人を通してお笑い芸論を展開してみたい。

 先日の土曜日の夜、私は、いつも10時過ぎには寝てしまうので、10時から11時の時間帯に放送する「エンタの神様」は、見るのか、寝るのか迷う番組なのだ。見てもほとんど面白いという芸人に出会わないのがわかっていて、なんとなく見てしまう。「見ないで寝るのか見た後やっぱり時間の無駄だったと思うかは、自由だぁ」

 さて、先日、見ようかと思ってつけたら、だいたひかるがトップだというので、とたんにスイッチを切って寝てしまった。だいたひかるのしゃべりは、芸でもなんでもなく、最低なのだ。

t_IMG_0022.jpg

2007/11/25 日曜日

唐沢の滝

Filed under: 今日の一枚 — kurasan @ 21:57:09

 きょうは、娘を寮まで送って行って一日がつぶれた。ついでに南信の写真を撮ってくればいいようなものだが、いつも妻が一緒でカメラを持って行っても使わないので持たずに行くようになってしまった。

 さて、きのう撮ってきた唐沢の滝。誰もいないのでいろいろ試したが、RAWの現像をしなが考え込んでしまった。シャッタースピード。滝を撮るにはスローシャッターをまず思い浮かんで撮って、次に高速のシャッタースピードで撮った。どちらがいいのか。雪を手前に配置したので滝の冷たさ荒々しさを表現するにはしぶきがみえたほうがいいのではということで、速いシャッタースピードにした。滝の全景を写していたけど、虹がポイントだと思って撮っていたらいつのまにか滝を半分にしてしまった。

 ほんとうは、一段下の河原に降りて仰ぎ見る角度で流れを入れて撮る構図がいいのだが、長靴を履いているとはいえ雪の下がどうなっているかわからない斜面を降りる気にならずやめてしまった。

冷たさが伝わればいいのですが。

唐沢の滝 2007/11/24

2007/11/24 土曜日

三連休

Filed under: 今日の一枚 — kurasan @ 19:56:21

 三連休だけど、きのうと明日は、下の娘の送り迎えで、家庭サービスに徹している。紅葉も終わり、冬景色には少し早いかなという感じで、はじめから今週は、写真を撮りにいかなくてもいいと思っていたのですが、きょうの天気を見て行く気になりました。といっても、朝起きる予定でなかったので、なんとなく菅平へ行ってみました。峯の原スキー場や菅平湿原に行ってみましたが、シャッターをおさずじまい。唐沢の滝で水しぶきに陽がさして、虹になっていたので何枚か撮ったのですが、あとはそのまま帰ってきました。帰りは、保科側に降りる予定でしたが、もう全面通行止めになっていたので、須坂に帰って来ました。道路には雪があり、慎重になりました。

 唐沢の滝の写真でなくて、この間撮った唐花見湿原のミヤマウメモドキの写真です。去年は、ほとんど実が付いていなかったので、記録としてアップします。

ミヤマウメモドキ 唐花見湿原

2007/11/18 日曜日

長野市小丸山公園

Filed under: 今日の一枚 — kurasan @ 21:16:54

 きのうは、出勤日。きょうは、タイヤの履きかえで一日が終わってしまった。

 紅葉の写真ももう終わり。先週の日曜日は天気予報が雨で、あきらめていたのに朝降っていなかったので、車をとばして小丸山公園に行ってみました。カエデの紅葉が真っ盛りで誰もいないところで写真を撮って来ました。

 善光寺を見下ろすこの公園一体は、歌が丘という歌碑が乱立している場所もあり大峰山への上り口でもあり、整備すれば、いい場所になると思うのですが、今は駐車場もなくて、訪れるのもたいへんです。

 私は、拓本を取ることもあるので、文学碑には、関心があるのですが、歌が丘は、最低です。歌碑の墓場という感じで、個性的な歌碑があるのだから、大峰山への上り口を歌碑を見ながら歩けるようにすればいいのに。城山公園の野球場の跡地に醜悪な公園を作るよりも、この辺に金をかければいいのにと思う。

 長野市には、いい公園がないなぁと思います。

紅葉 長野市小丸山公園 2007/11/11

次のページ »

HTML convert time: 0.174 sec. Powered by WordPress ME